ファスティングで好転反応が起こりました

ファスティングで好転反応が起き対処法も実施

この好転反応はファスティングを繰り返すうちにあらわれなくなると説明されていましたが、自分の場合は2回目のときにもっと強い症状が出てしまいました。
2回目に実施したときは耐え難い症状が出てしまい、起き上がることが難しくなるほどだったので急いで対処法を調べてみたのです。
すると、毒素や老廃物の排出をサポートするような行動を行ってみると症状が緩和されると分かりました。
そこで常温の水を飲むことで水分の摂取量を増やし、身体の具合が少し改善してから半身浴を行いました。
汗をかいて毒素が出ていったのか、かなり症状はおさまったように感じられたので良かったです。
他にも睡眠時間を多く取ることが望ましいようだったので、症状は改善されていましたがなるべくたくさん寝ることを心がけました。

好転反応が起こることは順調に成果が出ている証拠ですが、症状を我慢することは危険ですし、ひどい症状が起こらないように意識しながら実施することが大切だと分かったのです。
この反応が起こってこそ実施する意味があると説明されることもありますが、過度に負担がかかると反対に身体を悪くしてしまうので注意しておかなければならないと感じました。
無理に続ける人もいるようですが、具合が悪くなって起き上がることができない、ぐったりとしてしまうようなケースもあるらしく、そうなる前に対処しておくべきだと言えます。

ファスティングを行うと好転反応が起こる事を知るファスティングで好転反応が起き対処法も実施注意しつつ健康や美容の為ファスティングを続けたい